騎兵隊タイトル

白絹地と晒布と

 文久3年(1863)5月10日夜、豊前田浦沖(現在の北九州市門司区)に一隻の外国商船が碇泊していた。アメリカのペムブローグ号、横浜から長崎を経て上海に向かうべく、下関海峡を通過しようとしたが、折からの風波と逆潮流のため、ここに投錨、待機していたのである。ところが夜陰、突如、同船は長州藩の軍艦庚申丸、癸亥丸の襲撃を受け、あわてて錨を巻き上げて豊後水道に向かった。藩艦はこれを追おうとしたが、船脚に格段の差があり、たちまちにしてその船影を見失った。
 同月23日にも海峡の東、豊浦に仮泊中のフランス軍艦キンシャン号が、壇ノ浦砲台から砲撃を受け、かろうじて玄界灘に脱出、さらに26日には下関海峡に入ってきたオランダの軍艦メジュサ号が、庚申丸や癸亥丸から砲火を浴び、被弾20余、死者4人、重軽傷5人を出した。これが幕末における下関攘夷戦の口火であった。
 「夷国船なにするものぞ」、長州藩攘夷派の士気は大いにあがったが、旬日を経ずして、それが大きな誤算であったことを痛いほど知らされるのである。6月1日アメリカ軍艦ワイオミング号が下関沖に進入してきた。下関側の砲台が一斉に火を噴き、癸亥、庚申、壬戌の3艦が迎撃態勢に入ったが、ワイオミング号はたちまちにして2艦を撃沈、1艦に大損害を与え、亀山砲台を大破した。同月5日にはフランス軍艦セミラミス、タンクレードの両艦がやってきて砲火を浴びせ、長州藩の諸砲台を沈黙させ、さらに陸戦隊を上陸させ前田、壇ノ浦の砲台を占拠、弾薬を海中に投げ棄てて、刀、鎧、兜、火縄銃などを奪った。
 「萩の家中は下関にてガチャガチャ致し候者、逃支度ある躰を見て、町人百姓までが、武士と申す者は、あのように弱りて役に立たぬものかと、皆々大いに歯がみ致し候由」というありさま。下関攘夷船はまことに惨めなものとなった反面、泰平になれた武士階級の無力さを民衆の前にさらけ出す結果となり、同時にそれは日本の民族的危機を意味していた。

高杉晋作 高杉晋作が藩の要請で馬関防御のため、下関に来たのは6月6日である。戦闘の状況をつぶさに聞いてまわった晋作には、ひそかに期するところがあった。「この不甲斐なさは、泰平になれて実践の勇気を失った世禄の武士通有の性格なのだろうか。とにかく、これを中核にして戦ってもなんにもなるまい。よし、自分は真の実力のある部隊を編成しよう。中間も小物も、陪臣も藩士も問わないことにする」、晋作はその旨を藩に請うて許可を得、6月8日竹崎町の回船問屋白石庄一郎宅で奇兵隊を結成、自らその総督となった。
 「奇兵隊の儀は、有志の者相集り候につき、陪臣、雑卒、藩士を撰ばず、同様に相交わり、専ら力量をば貴び、堅固の隊に相調へ申すべしと存じ奉り候」、晋作のいう「力量だけを重んずる」という奇兵隊には陸続として応募する者が絶えなかったが、このような新しい軍隊は藩内各地で結成された。遊撃隊、八幡隊、御楯隊、南園隊、集義隊、膺懲隊、鴻城隊、第二奇兵隊などで、これらは奇兵隊を含めて諸隊と総称された。

 そして「同様に相交わり」とはいうものの、実際には士庶の区別は歴然としていた。元治元年(1864)ときの奇兵隊総督赤根武人は藩に対し、「奇兵隊は自分を含めて多く匹夫下賤のものではあるが、身分にかかわらずもっぱら力量を持って取り立てられた隊であり、醜虜と決戦の覚悟であるから、入隊中は一同士列に準じてもらいたい」という意見書を提出した。これに対し藩は2か月後、奇兵隊はじめ諸隊に、身分を明確に示す袖印の着用を命じた。その袖印は、藩士は白絹地を用い、足軽以下は晒布に「何条何某組」と書いて、士庶の区別をはっきりさせたのである。
 ともあれ、奇兵隊は結成後まもなく文久3年6月13日、本拠を白石家から阿弥陀寺に移し、9月初めには小郡秋穂に転陣、さらに25日には七卿の警護を命ぜられて三田尻に移り、本陣を正福寺に置くなど、めまぐるしく移動、その年もおし迫った12月20日には政事堂の指令により馬関に向かった。前田・壇ノ浦砲台配備のためである。

(写真上)高杉晋作 (写真下)奇兵隊結成の地、白石庄一郎宅跡(下関市竹崎町)