ホルンフェルス大断層で有名な須佐湾は山口県の最北部、日本海側北長門海岸に面する。その須佐湾は優れた景観と地質により昭和3年、国の名勝・天然記念物に指定された。典型的な沈水海岸からなる湾内は小島や入り江が多く、湾外には海食崖や海食洞が発達し男性的な景観を展開する。中でも白眉とされるのがこのホルンフェルス大断層の景観である。
 関ヶ原の戦いの後、石見国の益田七尾城主であった益田元祥(ますだもとよし)は、毛利輝元に従って、ここ隣国長門の須佐(山口県萩市須佐)に移ってきた。