前のページ 次のページ

阿部里雪
阿部里雪の碑 阿部里雪の句 阿部里雪の肖像

 明治26年、愛媛県越智郡伯方町木浦(きのうら・現今治市)に生まれる。20歳で柳原極堂の経営する伊予日日新聞社に入社、その後昭和3年に極堂の後を追って上京し、五百木瓢亭が主宰する雑誌「日本及び日本人」の記者となるなど、生活の基盤をマスコミ人においた。
 俳句は子規門下の極堂、霽月(せいげつ)らに教えを受けたのち、昭和7年、極堂が主宰した俳誌「鶏頭」の編集に協力する中で、下村為山、河東碧梧桐らの先輩の指導を得て、俳人としての才能をのばしていった。
 昭和16年、日満工業新聞を最後に東京での記者生活に別れを告げ故郷の木浦に帰り、農業のかたわら町の教育委員や公民館長として尽力した。また、俳誌「島」を創刊し、新居浜などで句会を指導するなど、句作への情熱が衰えることはなかった。
 里雪は「極堂書翰集」を刊行するなど極堂の顕彰につとめたほか、極堂を親以上と言って慕い、帰郷後も月に一度は極堂翁宅を訪れるなど最後まで面倒を見たという。穏やかで高潔な人格と人々に敬慕された里雪のこの句碑は、新居浜鶏頭会によるもの。他に今治市伯方町木浦の阿部氏宅庭に里雪自身が建立した「秋日和客あるべしと待ちにけり」の句碑も。昭和48年没。

Copyright© UNIC.LTD. 1977-2012 All Right Reserved.