前のページ 次のページ

富安風生
富安風生の碑 富安風生の句

 愛知県生まれ。一高を経て、東大法文科卒業後、逓信省に入る。その後、福岡貯金局長となったところ、同地には俳句をよくする高崎鳥城らの学友がおり、この影響で俳句に親しむようになる。貯金局有志の手になる「若葉」(大阪市)の課題句選者となり、「若葉」が発行所を東京へと移したあとも雑詠選を担当し、これを主宰してきた。
 逓信省の最高位ともいうべき逓信次官を退官した後は、もっぱら俳諧一筋の道を歩む。
 愛媛県との関わりは、昭和7年森薫花壇らによって「糸瓜」が創刊された時に、その雑詠選を担当したことから始まる。それ以後、たびたび、愛媛を訪れている。
 風生の句には、永い人生体験によって裏づられた確かな目と心があり、老いるにしたがって、ますます艶と香気があふれる句境を深めた。その句風は、おだやかで品があり、独特の軽やかさがあって美しい。かといって気負わず、庶民の感情に溢れている。「恐るべきみごとな平凡人」と評する人もある。昭和49年、日本芸術院会員となる。明治18年~昭和54年、93歳。

 春雨や松の中なる松の苗

Copyright© UNIC.LTD. 1977-2012 All Right Reserved.