前のページ 次のページ

池内たけし
池内たけしの碑 池内たけしの句

 明治2年~昭和49年。松山市湊町生まれ。高浜虚子の次兄・池内信嘉の長男。信嘉は松山能楽界の重鎮として名を成した人物。県政界、実業界、伊予鉄道支配人などもつとめた人。
 たけしの本名は洸(たけし)。室生九郎の内弟子として初めは能を学んだ。やはり父の影響であろうか。しかし、そのかたわらホトトギス発行所で虚子(叔父に当たる)の手伝いをしながら大正2年ごろから句作をはじめている。これもまた血筋であろう。
 のち俳句に専念、ホトトギス誌上で活躍する。昭和7年、俳誌「欅(けやき)」を創刊主催する。虚子の持つ最も平淡な俳句の一面を受け継いだとされている。虚子は、たけしの句風を「平淡にして滋味あり」と評した。8年「たけし句集」を手始めに「赤のまんま」「玉葛」「春霞」「その後」と次々に句集を出す。
 ホトトギス俳句の一つの典型を示した人として愛媛俳句史に残る人物。写生文も多い。夫人俊子は虚子夫人の姪にあたる。この句碑は砥部町拾町の稲荷氏宅の庭内にある。

 湖の方より声す朝寒し
 麦藁の上に憩ひて故郷かな
 餅花の影を夜な夜な楽しみて

Copyright© UNIC.LTD. 1977-2012 All Right Reserved.