前のページ 次のページ

河東碧梧桐
河東碧梧桐の碑 河東碧梧桐の句 河東碧梧桐の肖像

 明治6年、松山市千舟町に生まれた。東京より帰省した子規からベースボールを教わったこと(子規は東京にいる碧梧桐の兄―子規の学友―から弟への土産として野球ボールをことづかった)がきっかけとなり、発句集を作り、初めて子規の添削を受ける。26年三高(京都)に入学、虚子と同宿、句作に励んだ。翌年二高(仙台)へ二人とも転学したが、退学して上京し、ともに子規をたより、俳句に携わることになる。
 碧梧桐は、はじめ印象的、絵画的な句を作り、子規没後は新聞「日本」俳句欄の選者となったが、明治38年ごろから、子規のいわゆる“写生”を離れて激しく新風を求め“新傾向”に走り始めた。翌年から全国旅行を企てて、ますますその傾向を強め、大正のはじめごろからは五七五の定型や季題にとらわれずに表現する自由律の句を作っていたが、昭和8年、俳壇引退を表明した。
 旅を愛し、書に長じ(この碑の文字も得意の自筆六朝体で刻まれている)、囲碁に強く、料理にもくわしく、多芸・多趣味の人であった。昭和12年没。この句碑は俳句の里めぐり城下コース第2番。

Copyright© UNIC.LTD. 1977-2012 All Right Reserved.