前のページ 次のページ

篠原梵
篠原梵の碑 篠原梵の句 篠原梵の肖像

 本名敏之。梵という俳号は、松山で子供のことを「ボン」と呼んだことに因むという。氏の句集「皿」「雨」、長男の名の「土士(とし)」など、彼は左右相称の文字を好んだ。
 作品は、日常生活に取材した鋭い感覚、知性による表現の正確さと、しなやかなリズムがその特色である。彼独自の俳句眼、気品というものに加え、描写の正確さと句に溢れ出ている愛情の暖かさは、たとえようもなく美しいと言われている。晩年は口語調も指向した。
 梵は明治43年、旧伊予郡南伊予村(現伊予市)生まれ。松山中、松山高校を経て東京帝国大学国文科卒業後、中央公論社に入社、「中央公論」の編集長を経て「中央公論事業出版」の社長となる。
俳句は松山高校時代から川本臥風に、大学では臼田亜浪に師事し、やがて「石楠」全盛期の花形として活躍する。改造社「俳句研究」の山本建吉司会座談会「新しき俳句の課題」に、草田男、波郷、楸邨らと参加し、当時人間探求派の一人と目された。
 昭和50年松山に帰省中肝硬変で急逝。この句碑は俳句の里めぐり道後コース第2番の5。

 扇風機止り醜き機械となれり

Copyright© UNIC.LTD. 1977-2012 All Right Reserved.