前のページ 次のページ

中村草田男
中村草田男の碑 中村草田男の句 中村草田男の肖像

 明治34年7月、父の任地中国福建省廈門(あもい)で生まれた。本籍は松山市、本名清一郎。3歳のとき帰郷。松山中学、松山高校、東京大学を経て成蹊学園で教鞭を執った。
 本格的に俳句を始めたのは大学時代から。「前向ける雀は白し朝曇り」が虚子の目にとまり、東大俳句会に入って秋桜子に師事、昭和8年に「ホトトギス」同人、同11年には第一句集「長子」を出した。
 「花鳥風月」の世界から、さらに社会へ、あるいは人間の内部へも眼を向け、それを伝統の中でどのように調和させてゆくかに心を砕いた。そこに草田男の生き方があり、ひところは石田波郷、篠原梵らとともに「人生探求派」と呼ばれ、また「難解派」の一人にあげられた。「枯枝婆婆心労欺くては肺いかに」「渋柿にたわわスイッチ一つで楽湧くよ」などの句がある。
 戦後、昭和21年に「万緑」を創刊、主宰したが、この「万緑」が季語として定着したのは草田男の「万緑の中や吾子の歯生え初むる」による。俳人協会会長を務めた。58年8月没。

 降る雪や明治は遠くなりにけり

Copyright© UNIC.LTD. 1977-2012 All Right Reserved.