前のページ 次のページ

西岡四十王
西岡四十王の碑 西岡四十王の句

 本名敏夫。明治19年現在の砥部町に生まれる。愛媛師範学校卒業。大正11年早稲田大学高等師範部入学。卒業後松山商業に勤める。
 愛媛師範時代から文学趣味は強く、松永鬼子坊らと共に校内の俳句グループに参加していた。同校卒後赴任した温泉郡の河野小学校でも、同僚らと“既貿会”を結成、句作にいそしむ。大正7年“松山渋柿会”誕生以降は、同会会長・三好羊我を助け、会運営と同人指導に尽くす。早大時代は、松根東洋城に師事。松山商業赴任後は、陽炎・水戸鳥・今出吟社・平井吟社を総括主宰。昭和32年には、句集「此一筋」を刊行。同48年没。
 この人について、佐伯巨星塔は「我が俳句開眼の師。自然よりは人事を詠むこと多く、その境涯に没し去るという“境涯句”に徹した人」といい、ある人は「古句研究に没頭、事に情けの世界で芭蕉をきわめ、その風をひたすら慕って、時流に媚びなかった」と評し、またある人は「俳句の鬼。一時に没し去る、その作句の姿勢。渾身でぶつかる、その時間の重さ、深さよしと感じ入っている」と賞賛の言葉を残している。

Copyright© UNIC.LTD. 1977-2012 All Right Reserved.