前のページ 次のページ

森薫花壇
森薫花壇の碑 森薫花壇の句 森薫花壇の肖像

 本名は福次郎。明治24年、旧伊予郡余土村西余土(現代の松山市)に生まれる。句作に親しみはじめたのは、同41年から。当初は、河東碧梧桐門下として、地元の南山会にも参加している。やがて、縁あって森田雷死久に師事、その直後の指導をうける。
 昭和7年、俳誌「糸瓜」を創刊。これは、野間叟柳の強いすすめと後援によるものである。これ以後は、富安風生に師事しながら、終生、同誌を主宰する。
 この人の残した句集は「蟹目」と「凌霄花(のうぜんか)」。その「蟹目」の序文に、師の富安風土は「正統を守る堅実な歩調をとりながら、時代の流れをも感じている」と記している。まさしく、その作風は、中庸で穏健でありながら、かつ進取の気もあわせもつものであった。
 伝統に根ざした愛媛俳句の普及と向上に貢献したその労に対して、昭和44年には、県教育文化賞が授与されている。また、矯整施設における教化活動に対しては、法務大臣から感謝状を受けている。 県下に、その句碑、4基。昭和51年没。

 すいすいと風のあとより松落葉

Copyright© UNIC.LTD. 1977-2012 All Right Reserved.