前のページ 次のページ

西村泊春
西村泊春の碑 西村泊春の句

 本名は薫徳(しげのり)。明治35年旧西宇和郡神山村(現八幡浜市)の農家に生まれる。八幡浜商業学校(現在の八幡浜高校)卒後、五十二銀行八幡浜支店書記となる。八商本科時代の大正9年に起きた"同校存廃問題"の際は、県当局に反対の狼煙を上げて同校存続を勝ち取った中核グループの一人として働いている。
 文学への関心は、八商予科時代から。当時の青少年向け雑誌数社に、詩・短歌・俳句・作文などを投稿。大正7年からは海南新聞俳壇に投句、選者・織田枯山桜の指導を受ける。同8年『カラス』創刊。これは八商生をおもな同人とするガリ版刷りの句誌で、同校教師で地方俳人でもあった三好羊我と上田名洲が指導に当たっている。
 翌年、枯山桜が主宰して発行することとなった『俳諧文学』に参加。銀行入りののちも句作に励むが、持病の悩みから一時句を捨て宗教に走る。松根東洋城にさとされて、同11年からは『渋柿』に投句。同14年、飯田蛇忽の『雲母』に加わり、大いなる評価を得るも、翌年患った結核性肺炎が因で昭和4年27歳で夭折。句集『佐田岬(2巻)』を残す。希有の秀才。

 埋火(うずのび)をまもりて夜の影法師

Copyright© UNIC.LTD. 1977-2012 All Right Reserved.