前のページ

松根東洋城
松根東洋城の碑 松根東洋城の句 松根東洋城の肖像

 明治41年東京築地生まれ、名は豊次郎。宇和島出身の父が裁判官だったため、各地を転々、松山中学時代には漱石から英語を習い、一高から東大に進み、京大に転じたが、卒業後は宮内省に入り式部官になった。
 一高在学中は根岸の子規庵の句座にも列したが、熊本にいた漱石の添削指導も受け、「俳句の師は子規よりも漱石」と自認。
 洞33年から東洋城を号し、40年国民新聞の俳句選者になってから句作に熱が入り、九段の自宅で週一回句会を開いた。その中には飯田蛇忽、久保田万太郎、長谷川零余子らがいた。大正4年「渋柿」を創刊、客観写生だけでは飽きたらず「俳諧根本、芭蕉直結、俳句片鱗」を主張した。「黛を濃うせよ草は芳しき」は、そのころの句である。
 後進の指導は厳しく、東洋城を迎えての句会は、句会というよりも、むしろ俳句道場の観があったという。晩年は「渋柿」の選者、経営・編集とも門下に譲り、悠々自在の句作生活に入った。昭和39年発。一生独身、孤高の人だった。

 机から炬燵に冬を籠りけり
 秋風や木屋とは古きまんじゅうや

Copyright© UNIC.LTD. 1977-2012 All Right Reserved.