書籍のご紹介
のんびりてくてく


タイトル

著者●長窪專三
編集者●大野康成
カバーデザイン●末田 強
本文組版●有限会社ユニック
発行所●株式会社創芸社
印刷所●暁印刷株式会社

四六版240頁 販売価¥1500(税込・本体価¥1429)

マイナスをプラスに転じるユダヤの思考法、その根源を解明したエッセイ! 
あいつは確かに頭はいいんだけど、バカなんだよな。知恵が足りないんだよ、知恵が。つまり、バカというのは、頭が悪いことではなく、知恵が足りないことだというのです。頭は良いのだから、いろんな知識は持っているはずです。なぜでしょうか。答えは、知識と知恵は別物だからです。(プロローグより抜粋)

長窪專三/著者プロフィール
1933年会津若松市生まれ。デューク大学院宗教学科博士課程修了。博士号(Ph.D.)授与。三育学院短期大学教授・学長(現名誉教授)、聖徳大学教授、江戸川大学教授を歴任。主著は『新共同訳旧約聖書注解Ⅲ・続編』(共著)日本基督教団出版局、『バビロニア・タルムード:アヴォート篇』株式会社ライブ、『ミシュナⅡ:モエード』(共著)教文館。主な訳書は『ユダヤ教とヘレニズム』日本基督教団出版局、『総説ユダヤ人の歴史』(共訳)新地書房。

【本文内容のご案内】
プロローグ 知恵とは何か
一 知恵と知識
二 知恵の機能
三 ユダヤの知恵
四 ユダヤの知恵と現代の日本人
一 章 自分と向き合う
第一話 わたしはわたし
第二話 本当のわたし
第三話 自慢話と世辞・追従は同根
第四話 運命と向き合う
第五話 永遠を思う心
第六話 生きている野良犬の方がまだましだ
第七話 意図と結果の齟齬
第八話 複眼の思考
第九話 金のりんご
第十話 歴史を精神分析する
二 章 他者と向き合う
第一話 わたしの中の他者
第二話 黄金律って純金ですか?
第三話 人を見る目
第四話 同情と共感
第五話 人間の最大の弱点
第六話 友を選ぶ
第七話 建前と本音のギャップ
第八話 子の心、親知らず
第九話 良い女は千人に一人もいない
第十話 夫婦は分身
Copyright© UNIC.LTD. 1977-2012 All Right Reserved.