平成30年は、松山北高12回卒業(昭和36年)の私たちにとって記念すべき年となります。卒業から57年の幾星霜、節目節目で還暦、古希と祝賀会を催してきましたが、いよいよ人生の大きな節目である「喜寿(数え年77歳)」をめでたく迎えることとなりました。喜寿の由来は「喜」の文字が「草書体」で書くと「㐂」(七十七)と読めるところから来たものです。還暦祝いと古希祝いは、中国から伝わったとされていますが、喜寿のお祝いに関しては日本が発祥といわれています。

個人的なお祝いは満年齢77歳の誕生日で後日行われるのも良いかと思いますが、12期生が一堂に会しての祝賀会は一足早く本年10月に企画したいと思います。

場所は故郷松山の全日空ホテルを予定しています。詳細は決まり次第郵送にてご案内致します。皆様万障繰り合わせてのご参加をお待ちして、お元気なお姿を拝見したいと思います。

画像をクリックするとYouTubeのリンクが開きます。

[伊勢・夫婦岩]

2011年は古希に因んで伊勢地方にバス旅行。先ずは夫婦岩観光です。

[伊勢神宮・外宮]

その後、伊勢神宮を参詣しました。

[伊勢神宮・内宮]

伊勢神宮内宮ではを参詣のあと神楽殿で同期の弥栄を祈願しました。

[おかげ横丁]

おはらい町・おかげ横丁の観光を楽しみました。

[近畿地区同期会]

2013年、恒例の近畿地区同期会の様子を撮影しました。

[明治神宮参詣]

2014年、70名の同期が東京に集結し、明治神宮を参詣。

[出雲大社参詣]

2015年は愛媛の同期を中心に出雲旅行をしました。

[松江堀川めぐり]

2日目の観光は松江城の堀川めぐりです。

[姫路城]

2016年、熊本地震の影響で「姫路・岡山旅行」に変更しました。

[吉備津神社]

山陽道の大社「吉備津神社」を訪れました。

声楽家で同期の市村公子さんが、2017年12月9日(土)NHK文化センター受講生の合唱を指揮しました。市村さんは愛媛県合唱連盟の理事長のほか愛媛県文化協会初の女性会長も努められ、多方面で文化活動を行っています。

岡山大学名誉教授(耐震・構造工学)だった同期の竹宮宏和君が、2017年12月4日(月)岡山市で逝去されました。謹んでご冥福をお祈り致します。

同期の白石省三君が、2017年11月3日「旭日中綬章」を受賞されました。白石君は三浦工業社長、松山商工会議所会頭などを努め産業振興に貢献しました。同期一同心からお祝い申し上げます。

同期の黒田誼君(農業経済学)が50余年にわたる研究の集大成・渾身の力作を慶應義塾大学出版会から上梓しました。詳細はリンクで関東同窓会「北斗会」のホームページでご確認下さい。

漆芸家の小野偕子さん(日本工芸会正会員)は東日本伝統工芸展の漆芸(蒔絵)部門で通算10回目の入選を果たしました。

佐可野暁君は長年の経験を生かして、企業活動における危険予知・経営における安全管理の重要課題「安全教育」を目指した講演録DVD教材を制作・出版しました。

末田強君がYouTubeチャンネルを開設しています。旅のプライベート映像を中心に撮りためた作品を220本以上投稿しています。リンクをクリックして是非お楽しみください。

Copyright © 2017 Matsuyamakita High-School Alumni Association 12th Branch All Rights Reserved.